お茶の出し方とは

お茶出しくらい簡単にできる!と思っている方はいませんか?しかし、ただ単に何の気遣いも無くお茶を出すのと、ビジネスマナーを考えてお茶を出すのとでは全く違います。後者の方はこれが中々、奥が深いのです。来客された方の応対として、お茶を美味しくスマートに出すことはビジネスにおいて大切な技術の一つです。例えば、もてなされた側もお茶の出しのマナーがなっていなければ、会社に対するイメージも下がってしまう可能性があります。お茶出しといっても、自分の会社の評価がかかっていることを忘れてはなりません。

お客様にお茶を出す時は、お盆にお茶碗と茶托を別々にのせます。布巾も忘れずに持っていきましょう。お盆は両手で胸より少し低い位置で持ちましょう。ノックは3回、「失礼します」と言って会釈して入室します。サイドテーブルにお盆を置いて、念のためお茶碗の底を布巾で拭いてから茶托の上にお茶碗をのせます。サイドテーブルがない場合は、テーブルの端に置きます。お客様の右側から両手で「どうぞ」と言いながらお茶を出しましょう。お茶を出す順番にもマナーがあります。当然ながらお客様に最初に出してから、社内の方には役職順で出しましょう。

お茶を出し終わりましたら、扉の前でお客様に向かって「失礼致しました。」と言いながら、お辞儀をして退室します。お茶の出し方が分かっていても、慣れない内は緊張してスマートに出すのは難しいと思います。ですから、練習をかねて日頃から会社の上司や先輩に率先してお茶を出してみてはどうでしょうか?ちゃんと見ている人は見ているので、上手なお茶出しをしていれば上司の覚えも良くなりますし、先輩ともコミュニケーションがとりやすくなると思います。このように、お茶の出し方を一つ取っても軽んじることの出来ない立派な仕事の技術なのです。

1.部下の力をフルに引き出す上手な育て方!中間管理職初心者が生きぬく為の裏ワザを公開
中間管理職のために作られたようなサイトです、是非ご参考に!

2.資格deファイト!!  不況・不景気に強い資格で収入アップ!!
通信教育の勉強法や学校まで掲載された至れり尽くせりなサイト

3.電話の応対方法マニュアル
新社会人の方々必見!電話対応完璧マニュアルサイトになります